キゴショウってどんな野菜?いつが旬?どうやって食べるの?レシピは?

コラム

前回は謎の野菜、キゴショウのレシピを公開させていただきました!

キゴショウを食べるまちけいレシピ!葉っぱを使ったピリ辛炒め
夏になると、関西のスーパーでたまーに見かける謎の野菜、キゴショウ。安くてボリューミーなので買って食べてはみたいけど、食べ方がわからないという人、必見の記事となっています。スーパーで見かけて気になってた人は、ぜひ!

恒例となっているレシピと対になるコラムを書いてみました。
あわせてよむ読み物的にお楽しみください。

キゴショウってどんな野菜?

今回の食材はキゴショウ。

キゴショウ食べたことある人に会ったことない

私、けいたろう。生まれてこのかた。
「あー。アレね。キゴショウ!美味しいよね!」という人に出会ったことないです。笑

ちなみにマチコさんに今回の食材はなんですか?的な質問が来た時に、
「キゴショウ」って言ったら、「ん?何て?サゴジョウ?」的な顔されました。
いや。まぁ当たり前のリアクションだと思います。

キゴショウは京野菜

さて。そんなキゴショウ。
どんな食材かと言うと。
まず野菜です。分類でいうと京野菜になるっぽいです。
コレ。

うーん。なんだか。緑の塊っぽいですね。持ってる人含めて。笑
あらためてキゴショウ、どんな食材かというと、
葉とうがらしという別名もあって、要は唐辛子の葉っぱと茎部分という野菜です。

唐辛子 - Wikipedia

ちなみにキゴショウからとれる唐辛子は、伏見辛という品種の唐辛子で、
江戸時代の頃から京都の伏見で栽培されていたそうで、
辛みが無くて生でも食べられるタイプの唐辛子です。

万願寺唐辛子と同じタイプの辛くない唐辛子っぽいですが、
万願寺ほどは大きくならないようです。

万願寺とうがらし - Wikipedia

ちなみに万願寺は京都府の舞鶴市の万願寺地区ってところらしいです。
そこで伏見系の唐辛子とアメリカ産の、
カリフォルニア・ワンダー系を交配させて大きくしたのが万願寺唐辛子らしいです。
つまり京都の南の伏見の唐辛子が舞鶴まで北上して、アメリカのナイスガイと出会って結婚したのが、
万願寺唐辛子らしいですね。野菜に歴史ありです。笑

まちけい食堂は、ちょっと変わった食材は積極的に食べていこうと思います

さて。話戻ってキゴショウ。

僕がよく行くスーパーに夏前くらいになると、販売されるんですが、
「使い方があんまり分からない」&「分量が多すぎる」という感じで、
買うのをためらっていた食材です。
以前の若ごぼうと、ある意味で同じジャンルの食材です。

葉っぱも茎も根もぜんぶ食べる!八尾市特産の若ごぼうについて
以前レシピを公開した、まちけい食堂の若ごぼうの全部定食。メイン食材である若ごぼうについて、あれこれ書いてます。若ごぼうに詳しくなれますよ!「若ごぼうって大きすぎて使い方がよくらかない」という人も必見!

まちけい食堂ではこういう普段使いするには、
ちょっと勇気が必要なタイプの食材にチャレンジして、
レシピを作成していきたいと考えてます。

キゴショウとコショウと唐辛子

ちなみに、キゴショウって漢字で書くと木胡椒なんですかね?
唐辛子と胡椒。どちらも世界的には大メジャーでも、
和食では、マイナーなスパイシー食材。

唐辛子のことを胡椒とか言ってたんでしょうか?それとも逆かな?
って思って調べたら、ありました。

唐辛子 - Wikipedia

なんと、胡椒と唐辛子の混同は、コロンブスに由来するらしいです。
アメリカ大陸を発見した人ですね。

クリストファー・コロンブス - Wikipedia

うっかりコロンブス

で。そのコロンブスが、インドの胡椒を探しに行って唐辛子を胡椒と勘違いしたらしく、
世界中で唐辛子 (red pepper) と胡椒 (pepper) の名前を混ぜる原因になってるらしいです。

まさかスーパーで大きすぎる食材を買っただけで、
話がコロンブスに辿り着くとは思ってませんでした。うーんワールドワイド。笑

花も実もついてることがあるキゴショウ

唐辛子が付いた状態で売ってたりもしているそうですが、
僕が手に入れたバージョンではそうじゃなかったです。
あと、花が付いた状態で売ったりもします。
どうせなら花はついてる方が面白いと思ったんですが、1個だけでした。
唐辛子の花は白だと判明しました。笑

キゴショウの茎は食べられない

で。キゴショウなんですが。
ぼくちょっと勘違いしてて、茎も食べられると思ってたんですが、
茎は固くて、ちょっと食べられませんでした。食べられるのは葉っぱのみ。という感じ。
僕とマチコさんでプチプチと木から、葉っぱを千切る作業をさせていただきました。
千切って千切って千切ると、小さなフライパン山盛り一杯くらいになりました。

で。軽くゆでるとさらにメッチャ小さくなりました。
可食部分の少なさ。笑

ちなみにキゴショウは、下茹でしてもけっこうエグ味があります。

今回紹介したピリ辛炒めのほかには、茹でて煮こぼして、細かく切って佃煮がオススメです。
野菜炒め感覚で食べると、けっこうエグいと思います。

ま・と・め!

夏のレアアイテム、キゴショウは葉唐辛子とも呼ばれる京野菜。
キゴショウの葉っぱは食べられるけど、茎は食べられない。エグ味はけっこう強い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました