キゴショウを食べるまちけいレシピ!葉っぱを使ったピリ辛炒め

レシピ

めしデザイナーとグルメライターが手掛ける、まちけい食堂。
ブログでのレシピ公開。まちけいレシピ007はキゴショウを使ったメニュー。

キゴショウという謎の野菜を使ったレシピ

スーパーでキゴショウが売られてるのを見て、
「キゴショウって何?」ってなった人。必見ですよ。

キゴショウは一言で言うと、唐辛子の葉っぱと茎部分という野菜。

View this post on Instagram

今日のお昼ごはんは きごしょう炒め、手羽と卵のさっぱり煮、豚汁、すいか!! ・ ・ 基本的にまちけい食堂のお昼ごはんメニューは 「当日までのおたのしみ!」です。 ・ なぜかというと、調理担当けいたろうさんが とっても気まぐれだから。 前日までこれ作ろー、と思ってたのが 当日になってやっぱり違うのにしよう、 なんてことがよくあります。 撮影・デザイン担当のマチコは毎回 シェフの気まぐれに振り回されております^^; ・ ・ というわけで今回も、ほうとうを作るつもりだったのが ほうとう風の豚汁にチェンジ。 ほうとうに合わせて買っていた食材も次々と 夏おかずに変身していきます。 ・ 変わり種食材の「きごしょう」は 両手いっぱいの量あったのに、調理したら小鉢2つぶんに。 葉野菜の職名ですね。 ・ そして、けいたろうさんの実家で穫れた 大きなすいかがデザート! 食卓が一気に夏らしくなりました〜。 ・ ・ #まちけい食堂 #SHINCRU #コワーキングスペース #枚方コワーキング #フリーランスの日常 #枚方公園 #canon6d #キャノン6d #枚方ランチ #今日の一品 #おうち料理 #おうちごはんLover #デリスタグラマー #クッキングラマー #飯スタグラム #大阪ランチ #ランチの幸せ #献立日記 #昼ごはん記録 #ランチ交流会 #コミュニティ #豊かな食卓 #料理好きと繋がりたい #グルメ好きと繋がりたい #旬の食材 #葉とうがらし #さっぱり煮 #すいか #夏の食卓 #夏の味

A post shared by まちけい食堂〜めしデザイナーとグルメライターが作るごはん〜 (@machikei_shokudou) on

独特のエグ味もあって美味しくてボリュームたっぷりの食材です。
ということですが、詳しくはコラムの方をお読みください!

キゴショウと鶏ハラミのピリ辛炒め

【材料】(5~6人前)
[素材]
キゴショウ 1束
鶏ハラミ 1パック
輪切り唐辛子 適量

[調味料]
砂糖 適量
醤油 適量
みりん 適量
ゴマ油 適量

【下ごしらえ】
キゴショウの葉っぱを茎から外す。
鶏ハラミを食べやすい大きさにカットする。

【調理手順】
(1)茎から外したキゴショウの葉っぱを下茹でしザルに上げ、水にさらして固く絞る。

(2)全体をザックリ三等分に切り、もう一度固く絞る。

(3)フライパンにごま油をひき、鶏ハラミを炒める。

(4)鶏ハラミに焼き色が付いたらキゴショウの葉っぱを加え、砂糖、醤油、みりんをくわえ、煮絡める。

(5)煮汁の水気がなくなってきたら、輪切り唐辛子を散らして、軽く炒めれば、キゴショウと鶏ハラミのピリ辛炒めの完成です。

【ダイジェスト画像一気見】











〇調理のポイント
キゴショウには、唐辛子の実が付いていることもありますが、
辛さの少ない品種なので一緒に炒めて大丈夫です。

鶏手羽元のサッパリ煮

【材料】(5~6人前)
[素材]
鶏手羽元 14~5本
大根 1/2本
卵 6個
にんにく 1個
ショウガ 1片
[調味料]
砂糖 適量
醤油 適量
酢 適量
水 適量
みりん 適量
ゴマ油 適量

【下ごしらえ】
大根の皮をむいて、食べやすい大きさに乱切りにする。
卵を茹で、冷水にさらして殻をむいておく。
にんにくの皮をむいて、包丁の腹で潰しておく。
ショウガは薄切りにスライスする。

【調理手順】
(1)鍋にごま油をひき、ニンニクとショウガ、手羽元を炒める。

(2)手羽元に軽く焼き色が付いたら、大根を加え、砂糖、醤油、水、酢、みりんを入れ、煮ていく。

(3)落し蓋をして30分ほど煮込んだら、茹で卵を加え、さらに10分ほど煮込む。

(4)煮汁の水分がなくなったら、少量の酢を加え、少し煮込めば、鶏手羽元のサッパリ煮の完成です。

【ダイジェスト画像一気見】











〇調理のポイント
酢は煮込むと香りが飛ぶので、完成直前に酢を加えることで、酢のサッパリとした香りが復活します。

カボチャの豚汁

【材料】(5~6人前)
[素材]
豚肉 1パック
カボチャ 小1個(通常サイズなら1/2個)
白ネギ 1本
しめじ 1パック

[調味料]
味噌 適量
顆粒ダシの素 適量
水 適量

【下ごしらえ】
豚肉を一口大に切りそろえる。
カボチャのワタと種を取り除いて一口大に乱切りにする。
しめじは石突きを落としてばらしておく。
白ネギは根を落とし、斜め切りにしておく。

【調理手順】
(1)鍋にお水を入れ、顆粒ダシの素を入れ、お湯を沸かす。

(2)沸騰直前で豚肉をくわえ、灰汁を取り除きながら茹でる。

(3)豚肉の色が変わったら、カボチャ、白ネギを加える。

(4)カボチャが煮崩れる手前で火を止め、味噌を溶き入れれば、カボチャの豚汁の完成です。

【ダイジェスト画像一気見】






スイカ切りました

夏らしく、スイカも切りました。
まず両端を落として、横にザックリ1/2。さらに切って1/4
切った面に90度に2~3㎝くらいの間隔でカットすると、
小さな扇型のカットができます。
【ダイジェスト画像一気見】






まちけい食堂レビューのコーナー

まちけい食堂では、実際に食べてもらった人に、
「#まちけい食堂」のハッシュタグをつけたTweetやInstagram投稿をお待ちしています。
投稿に関してはこちらで掲載したいと思います。

まちけい定食、キゴショウレシピのレビュー

※投稿募集中。

まちけい食堂のキゴショウについてのレシピ

ちょっと変わった食材、キゴショウについて
コラムを書いてみました。あわせてお読みください。

キゴショウってどんな野菜?いつが旬?どうやって食べるの?レシピは?
キゴショウってどんな野菜?枝ごとの葉っぱ付きの唐辛子なんだけど、なんか色々調べてたらアメリカ大陸発見のコロンブスにまで何故か話が膨らんだり。まちけい食堂は、ちょっと変わった食材を見つけると調理したくなる特性ありです。笑

ま・と・め!

キゴショウは唐辛子の枝と葉っぱ。炒め煮にすると独特のエグ味も楽しめてピッタリ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました