グリーンカーテン先駆者ゴーヤ!チャンプルー以外の大量消費にそうめん?

コラム

前回、まちけい食堂のアレンジそうめん第2弾として、
ゴーヤと豚肉とトマトのそうめんを紹介しましたが、どうでしたでしょう?

そうめんアレンジレシピ第2弾!ゴーヤと豚肉とトマトのそうめん
夏の定番料理、そうめんのアレンジ第2弾!ゴーヤと豚肉とトマトを使って、苦みと旨味と酸味で、ツルツルいくらでも食べられます。そうめんだけだと偏りがちな栄養も美味しくたっぷり補給できるメニューです。

今回も恒例となっているレシピと対になるコラムを書いてみました。
あわせてよむ読み物的にお楽しみください。

夏の定番そうめんと夏野菜ゴーヤの出会いは必然

まちけい食堂がプロデュースする、そうめんアレンジ第2弾。
ちなみに第1弾は、鯖そうめんでした。

そうめんアレンジレシピ第1弾!とり天と鯖そうめんで豪華そうめん
今回のまちけい食堂は、夏の定番のそうめんを、あの郷土料理にすることで、豪華アレンジに大変身。しかも簡単!「またそうめんかぁ」そんなちょっとマンネリ気味の方は、読んでみて下さい!

そもそもゴーヤとは?

今回の料理は、そうめん料理でありますが同時にゴーヤの大量消費メニューでもあります。

ところで。ゴーヤ。
苦みの強い食べ物で、ニガウリとも呼ばれてますね。

なんか昔はレイシって言って売ってたような気もします。
と調べてみたら、ゴーヤの標準和名は「ツルレイシ」。

ツルレイシ - Wikipedia

イボイボの実が、レイシ(ライチ)に似ててツルで育つから、ツルレイシらしいです。

というかレイシってライチのことだったんか。
あと、ライチとゴーヤ似てる?笑

レイシ - Wikipedia

ゴーヤといえばゴーヤチャンプルー!

閑話休題。ゴーヤを食べるとなると。

基本はゴーヤチャンプルーで食べよう。ってなりますよね?やっぱり。
ゴーヤ=チャンプルーという強力な図式がありますが、
ここまで単品のメニューがイコールな食材も珍しいと思います。
だいたい何の食材でも2~3品くらいは調理法があると思うんですけどね。
ゴーヤは、ほかの食べ方がイマイチ思いつかない。

チャンプルー - Wikipedia

暑すぎる夏にはグリーンカーテン!

で。話が変わって夏の話。
暑い夏。
去年、2018年は記憶にも記録にも強烈なインパクトを残すくらい暑い夏でした。
いつもは次の年になったら去年が暑かった涼しかったなんて覚えてなく、
「どうせ去年も暑かったんだろうなー」という感じですが、

今年に限っては「去年暑すぎて今年はまだマシ」と思っちゃうくらい2018年の夏は暑かった。
ちなみに今年2019年も7月くらいまでは油断させておいて、8月はやっぱ暑かったです。
夏が今年も本気出しましたね。

大阪の過去の天気 2019年8月 - goo天気
2019年8月の大阪の過去天気をまとめています。1961年からの全国の過去天気データを網羅 。

で。そんな耐え難い暑さの夏を少しでも和らげる方法として、
何年か前からブームになったのがグリーンカーテン。

緑のカーテン - Wikipedia

一時期よくTVで、夏の暑さにはグリーンカーテンがオススメとか言ってましたが、
最近はTVとかでも、別にあんまり言われなくなりました。

逆に街中では、よく見るような気もします。というわけで定着したんでしょう。

豊作になると実がなりすぎるゴーヤ

で。グリーンカーテンの候補になるのは、つる植物。
放っておいても育つ強靭な植物だし、窓を覆うのにピッタリ。
なんですが。
ついでにどうせ育てるなら食べられるというのにしよう的に、
ゴーヤが代表格として選ばれてました。

ところがゴーヤって上手く成長すると、メッチャ実がなるんですよ。

しかも今年のゴーヤのようなビッグサイズがゴロゴロ成るとそりゃヤバい。笑
嬉しい誤算とか思ってたら、身が成りまくる。
となると食べきれない。

グリーンカーテンには朝顔が無難にオススメ

ブーム初年度の時には「ゴーヤが出来すぎて、食べきれない」みたいな話を聞きました。
そんな事態を回避しようとすると、グリーンカーテンにオススメの植物は、
どんなにワッサワッサ茂っても大丈夫なツル植物でいうと朝顔がオススメです。
小学校で育てたということで育てるのも簡単です。ほぼ種をまくだけ。
しかも朝顔は花が咲いたら、バンバン種もできるのでほぼ永久機関です。笑

ゴーヤは熟すと果物っぽくなる

閑話休題その2。ゴーヤ。
ちなみのちなみにゴーヤって本来は、ジュクジュクに熟すと、
黄色くなって、実が割れて、綿の部分がメロンみたいに甘くなって、
それを食べるのが本来の食材の食べ方。
ちなみにその実の割れ方が、レイシ(ライチ)に似てるってところも、
ツルレイシって呼ばれる理由らしいです。
で。Wikiの中に画像あったけど、完熟ゴーヤとライチ。似てるかな?笑

黄色いゴーヤを手に入れるには?

つまり、いま我々が捨ててるワタ部分が本来の可食部分らしいです。

で。何でゴーヤは今の緑の状態で食べることになったかというと、
戦中戦後の食糧不足で、未熟なままのゴーヤを食べ始めたから。


とか聞いたと思って、ググっても出てこなかった。笑
ホントの理由は何なんでしょうか?
逆に黄色いゴーヤってどうやったら手に入るの?って思ったら、
緑のを買って放置しておくと、だんだん黄色くなるらしいです。
今度やってみよう。笑

もちろんブーム初年度は、そんなこと誰も知らない。
というワケで、けっこうなゴーヤ過多になったらしいです。

やっと本題のゴーヤの大量消費

で。そうなると、ゴーヤチャンプル以外の食べ方も必要になるわけで。
そこで、オススメなのが、今回紹介する、ゴーヤ大量消費メニュー。
ブーム初年度の人にタイムマシンに乗って教えに行ってあげたい感じです。

このメニュー。ゴーヤを素揚げにしちゃうんで量がメッチャ減ります。

というか栄養素も流れだしてそうな気もするけど。笑
電子レンジでもできるので、お好みで。
少なめの油で裏表の両面をパリッと焼くのもありだと思います。

量が消費できる、簡単、バリエーションが効く、味が違うという大量消費の理想形

で。豚肉を炒めて、ゴーヤを加える。

ダイスカットとしたトマトを加えれば完成です。

味付けも麺を邪魔しないように、めんつゆオンリーな味付け。超簡単。
ゴーヤチャンプルとかなり味が遠いので、大量消費にピッタリです。

ちなみにこの料理。料理名はありません。

今回は、素麺と合わせて、アレンジ素麺として登場しましたが、
パスタと合わせれば、パスタ料理に、
ご飯に乗せれば、どんぶりに。
レタスなどの葉物を切った上に乗せれば、ボリュームサラダになります。
という感じで、いわゆる潰しの効くメニューとなっています。

グリーンカーテンでゴーヤを作りすぎた人にオススメのコラムでした。

ま・と・め!

ゴーヤを素揚げして、豚肉とトマトと和えると潰しの効く大量消費メニューの完成。
グリーンカーテンには朝顔がオススメ!笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました