使うだけで料理上手?まちけい食堂ではメジャー食材のセロリ!

コラム

前回、すじ肉とセロリを使った夏っぽいカレーのレシピを公開させていただきました。

すじ肉とセロリのカレー!夏カレーはレトルトの簡単アレンジでお手軽に
夏と言えばカレー。レトルトカレーに具材を加えて簡単アレンジ。すじ肉、セロリ、玉ねぎを加えて、グッとボリュームアップ。余ったセロリの葉っぱも、ちゃんと使ってお手軽に副菜をもう一品。

今回も恒例となっているレシピと対になる、使用食材についてのコラムを書いてみました。

あわせてよむ読み物的にお楽しみください。
実はこのコラム。いろいろ語れるので、個人的に書くの大好きです。笑

まちけい食堂のメジャー食材、セロリ。

今回のレシピは牛すじとセロリのカレー。前の菜の花の時と一緒で、
レトルトカレーをベースに色々アレンジしてます。

けいたろうはセロリが好き

ところで。唐突ですが。僕、セロリ好きなんですよ。

まちけい食堂に、よく登場します。

マチコさん認定として、セロリとパプリカをよく使うらしいです。笑
というワケで、今回はセロリのお話。

セロリが好きな理由

ちなみにセロリをよく使うのは理由があって。
もちろん食べて美味しい。あと値段が安定して安い。
というのが最大理由ではあるんですが、もう1個ワケがあります。
それは料理上手という評価を受けやすいということ。

セロリ嫌いな人、食べず嫌いの方が多い説

セロリって料理して何人かに食べてもらうと、
「僕、セロリダメだったんですけど、食べられました」
みたいな感想を聞きます。
まぁ誇らしい反面「セロリってどんだけ嫌われてたんだ?」って感じですが、
「たぶんセロリ嫌いってイメージ先行なのでは?」とも考えてます。

セロリって確かに香りが強い上に食感も強くて、
嫌いな野菜の常連タイプってイメージありますが、
あの香り、意外と万人受けするんですよね。

なので、だいたいの人はイメージ先行からの食べず嫌いになってるだけってケースが多いので、
セロリを料理に使うと、「食べられました!」という流れになる。
と。この流れを僕は知ってるので、よくセロリ使うってこともあります。
そうなると自然と料理上手っていう評価を受けやすいです。うん、策士。笑
皆さん。この作戦。真似していいですよ。笑
今回作ったカレーにしちゃえば、料理の難易度もそんなに高くないですし。

実は汎用性の高い食材セロリ

あと、茎の部分をメイン食材にしつつ、
葉っぱ部分を今回のようにサブ食材にしてサラダにしたり。

メイン食材と一緒に使って、彩りに使えたりして、
幅が広かったり、つぶしが効いたりする優良食材だと思ってます。

セロリを日本に定着させたのは大阪のガスビル食堂?

そんなセロリですが。
僕が食べた中で一番強烈だったのが、ガスビル食堂っていう、
大阪の淀屋橋にある、大阪ガス株式会社の本社ビルに入っている、
昭和8年創業の老舗洋食屋さんのメニュー。

ガスビル食堂の名物はセロリを切っただけ

なんとセロリの芯のを生で切って、そのまんまを提供っていう、
ハートセロリという料理があります。

ガスビル食堂物語/大阪ガス
大阪のシンボル・ストリート御堂筋に面して建つガスビル。その8階フロアにあるガスビル食堂は、大阪における欧風レストランの草分けのひとつです。その開業は、ガスビルが竣工したのと同じ昭和8(1933)年。それから約70年、ガスビル食堂は、同じ場所で、歴史と伝統を活かしつつ営業を続けています。

セロリが日本に入ってきたのは江戸時代

なんでもセロリは江戸時代に日本に持ち込まれたものの、
ちなみに持ち込んだのは戦国武将の加藤清正という説もあり、
清正人参(きよまさにんじん)という呼び方もあるらしいです。いま知りました。笑

セロリ - Wikipedia

ちなみにセロリ。
最初は持ち込まれても、ほとんど食べられてなかったそうです。
まぁしょうがないですね。笑

そんな背景があって、セロリがまだまだ一般的じゃなかった昭和初期。
大阪ガス会長である片岡直方という人が海外で食べた西洋料理とセロリの存在感に感動し、
「西洋料理にセロリは欠かせない」という理由で、
アメリカからタネを取り寄せて育てて、ガスビル食堂で提供したそうです。

御堂筋とともに歩んだビル!ガスビル食堂の絶品ランチ | J-TRIP Smart Magazine 関西
大阪を代表する主要道路である御堂筋。その御堂筋の拡幅工事が完了する昭和12年に先立ち、昭和8年に御堂筋に面して誕生したガスビルは、大阪ガス株式会社の本社ビルです。

切ったセロリを塩だけで食べる、それがハートセロリ

もうちょい食べ方もあっただろう。と言いたいところな提供の方法ですが、
このセロリ。とんでもなく美味いです。


切っただけのセロリがお皿にドンと盛られているのですが、掛けるのは塩か胡椒。
なんなら何も付けずにそのままポリポリという感じで食べます。

何も付けずに食べるとフルーツのような味だったと思います。
大阪観光の際にはオススメですよ。インパクトもデカいですし。笑

ま・と・め!

セロリは食べず嫌いな人も多い反面、香りは意外と拒否反応ない人が多い。
セロリは江戸時代に日本に伝来。普及のかげに大阪ガスがあり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました