若ごぼうの全部定食のレシピ!今日の献立の悩みも一気に解決

レシピ

めしデザイナーとグルメライターが手掛ける、まちけい食堂。
ブログでのレシピ公開、今回は若ごぼう。

「若ごぼうって何?、どうやって使うの?」って思った人、必見ですよ。

まちけい食堂が若ごぼうづくしでメニュー考えてみた

若ゴボウは大阪府の八尾市が特産の野菜。

1月~4月くらいまで出荷されている野菜で、
春を告げる野菜の一つです。

葉っぱも根っこも茎も食べられる!つまり全部が可食部分。
葉っぱは、混ぜご飯、茎は豚肉と炒め煮で柳川風卵とじ、
根っこは鶏つみれ入りの味噌汁にします。

後はなぜか思いつきで、手羽先をチューリップにして、唐揚げにしてみました。
まちけい食堂のまちけい定食、若ごぼうづくしとチューリップ唐揚げ編です。

View this post on Instagram

今日のお昼ごはんは 若ごぼうのおかずとチューリップ唐揚げ ・ ・ ちょっと前になりますが 春先に作った、 若ごぼうをまるごと使ったランチの紹介です。 ・ ・ 調理担当のけいたろうさんの思いつきで 毎回のメニューが決まります。 スーパーで旬の食材を見つけると 知らないものでも使ってみたいと 好奇心がムクムク。 ・ この日もスマホとにらめっこしながら ランチを作っておりました。笑 ・ そして若ごぼうのお供はチューリップの唐揚げ。 手羽先からチューリップを作るのって じつは手間がかかってるんです。 最近あんまり見ない気がするのは、 みんな忙しいからなんでしょうか? けいたろうさんの丁寧な仕事に感心です! ・ ・ #まちけい食堂 #コワーキングスペース #コワーキング #シェアオフィス #ノマド #仕事場 #フリーランス #枚方公園 #SHINCRU #枚方ランチ #大阪ランチ #お昼ごはん #今日のランチ #ランチ交流会 #交流会 #コミュニティ #旬の食材 #豊かな食卓 #フリーランスと繋がりたい #グルメ好きな人と繋がりたい #若ごぼう #チューリップ唐揚げ #菜飯 #鶏つみれ

A post shared by まちけい食堂〜めしデザイナーとグルメライターが作るごはん〜 (@machikei_shokudou) on

まちけい食堂の若ごぼうづくしのレシピ

■若ごぼうづくし
(ごぼうの葉っぱご飯、茎と豚肉の柳川風卵とじ、根っこと鶏つみれの味噌汁)

□若ごぼうの葉っぱご飯
【材料】(4~5人前)
[素材]
若ごぼう 1パック(葉っぱ部分)
お米 3合
かつおぶし 1パック

[調味料]
しょうゆ 適量

【下ごしらえ】
若ごぼうを根と葉と茎に切り分ける。
お米は通常の水加減で炊いておく。

【調理手順】
(1)鍋でお湯を沸かして葉っぱ部分を入れ、サッと煮て茹でる。
(2)緑色が鮮やかになったら、冷水に取り水気を絞って細かく切る。
(3)切った葉っぱとフライパンに入れ、ゴマ油とかつおぶし、醤油を入れてサッと炒める。
(4)炊きあがったごはんと混ぜれば、若ごぼうの葉っぱご飯の完成。

【ダイジェスト画像一気見】




□茎と豚肉の柳川風卵とじ
【材料】(4~5人前)
[素材]
若ごぼう 1パック(茎部分)
豚コマ 1パック
卵 2個

[調味料]
しょうゆ 適量
みりん 適量
砂糖 適量
ゴマ油 適量
サラダ油 適量

【下ごしらえ】
若ごぼうを根と葉と茎に切り分け、茎の部分を、3~4㎝くらいの長さに切る。
豚コマは食べやすい大きさにカットしておく。
卵は器に割って溶き卵にしておく。

【調理手順】(茎と豚肉の柳川風卵とじ)
(1)豚肉をフライパンに入れ軽く炒める。豚肉に火が通って色が変わったら茎を加える。
(2)茎がしんなりしたら、砂糖と醤油、みりんで味を加え炒め煮にする。
(3)茎がクタっとなるまで炒め煮にして溶き卵を絡めれば、茎と豚肉の柳川風卵とじの完成。
【ダイジェスト画像一気見】


□若ごぼうの根っこと鶏つみれの味噌汁
【材料】(4~5人前)
[素材]
若ごぼう 1パック(根っこ部分)
鶏つくね 1パック
ねぎ 1束
豆腐 1丁

[調味料]
味噌 適量
顆粒ダシの元 適量

【下ごしらえ】
若ごぼうを根と葉と茎に切り分け、根っこをよく洗って土を落として、ささがきにしておく。
ねぎは小口切りにしておく。もちろんパック入りの刻みネギでも可。
豆腐はさいの目にカットする。

【調理手順】
(1)鍋にお湯を沸かしてダシの元を加え、洗って斜め切りにした根っこを入れて茹でる。
(2)根に火が通ればスプーンで鶏つくねを一口大に成形して、鍋に加え、さいの目にカットした豆腐も加える。
(3)鶏つくねに軽く火が通ったら火を止めて味噌を解き入れれば、根っこと鶏つみれの味噌汁の完成です。
【ダイジェスト画像一気見】


チューリップの唐揚げ
【材料】(4~5人前)
[素材]
鶏手羽先 2パック
ニンニク 2欠片
ショウガ 適量

[調味料]
しょうゆ 適量
みりん 適量
サラダ油 適量
片栗粉 適量
【下ごしらえ】
ボウルに醤油、ショウガ、ニンニクをすりおろして、唐揚げの漬けダレを作る。

【調理手順】(チューリップ成形)
(1)手羽先の肘部分に逆関節を極めて、ゴリっボリっと骨を外しておく。
(2)関節を外す際、関節の1㎝くらい体側の部分に切れ目を入れる。
(3)切れ目に外した関節を入れ込むと、細いと太い骨が飛び出るので、肉を押し下げて、骨を露出させる。
(4)細い方の骨を捻じった状態で、上下が逆になるよう回転すると細い方の骨が取れます。
(5)細い骨を外したら、先の部分を切り落とし、肉を逆さまに引っ張って、めくりあげれば、チューリップの成形終了。

【調理手順】
(1)成形したチューリップを漬けダレに入れて揉み込み、片栗粉を入れたビニール袋に入れて、衣をつける。
(2)フライパンに油を熱し、余分な衣を落とした、チューリップを加える。
(3)チューリップを途中ひっくり返しながら、衣が狐色になるまで揚げれば、チューリップの唐揚げの完成です。

〇調理のポイント
チューリップの成形は文字だけでは伝わりづらいですね。
「手羽先 チューリップ」で検索して、動画や写真を見ながらの成形がオススメです。
またリクエストがあれば、まちけい食堂で、イラスト付きで分かりやすく紹介したいと思います。

まちけい食堂レビューのコーナー

まちけい食堂では、実際に食べてもらった人に、
「#まちけい食堂」のハッシュタグをつけたTweetをお待ちしています。
Tweetに関してはこちらで掲載したいと思います。

まちけい定食のレビュー

※Tweet募集中。

若ごぼうづくしとチューリップ唐揚げのコラム

今回、作ったまちけいメニューに登場した若ごぼうや、
手羽先のチューリップ唐揚げについての、ちょっとしたコラムを書いてみました。
あわせてお読みください。

葉っぱも茎も根もぜんぶ食べる!八尾市特産の若ごぼうについて
以前レシピを公開した、まちけい食堂の若ごぼうの全部定食。メイン食材である若ごぼうについて、あれこれ書いてます。若ごぼうに詳しくなれますよ!「若ごぼうって大きすぎて使い方がよくらかない」という人も必見!

ま・と・め!

若ごぼうは大阪府八尾市の特産品で、葉っぱも茎も、根っこも全部食べられる。
手羽先は逆関節を極めて、骨をねじって成形するとチューリップになる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました